*FTX Services and FTX Token (FTT) are not available in the United States or other prohibited jurisdictions.

FTX トークン (FTT) のバーン2022-09-01T20:45:49+09:00

トークンを廃棄することで、皆様の価値を高める

FTT は最初から、FTX の製品およびサービスと統合するように設計されました。

FTX の発展に伴って、FTT の範囲も拡大し、有用性が高まり、価値をコミュニティに還元還元していくことでしょう。

「暗号資産のバーン」とは

暗号資産のバーンとは、プロジェクトが保有する一部のトークンを廃棄することで、全体的な供給量を減らすプロセスのことです。 これはトークンの価格にデフレ圧力をかけるために行われ、残りの通貨の価値を高めるために行われます。

FTX ではこのプロセスをさらに一歩進めています。 取引手数料の割引、SRM の週次エアドロップ、ステーキングの報酬によって FTT の保有者にインセンティブを与えることで、購入とバーンのメカニズムは全体的なデフレ戦略の一部になっています。その戦略によって FTT は確実に価値の高まる資産になります。また、その戦略を FTX エコシステム内で積極的に活用しています。

どの程度の FTT トークンをバーンしますか?2022-05-31T19:00:03+09:00

プラットフォームの設立時に、FTX で発生する取引手数料収入全体の 33% を FTX トークンのバーンに充てることを決定しました。 FTX が成長し、発生する手数料が増えるにつれて、元の 3 億 5,000 万 FTT の供給量の半分が廃棄されるまで、バーンされる FTT の量は増えます。

また、FTX では、プラットフォーム全体で発生するその他の収入全体の 5% を使用して、FTX トークンを購入してバーンします。

利益の社会化と緊急対策流動性プール
FTX は、暗号資産の投資家に最善の取引体験を提供するために設立されました。 これには、市場で最も革新的な製品とサービスを提供し、マーケットが大きく変動する際ににトレーダーをクローバックから確実に保護することが含まれています。

損失の社会化としても知られるクローバックは、マーケットの乱高下によって多数のレバレッジ設定ポジションが清算されるときに発生します。 損失をカバーする取引所の流動性が不足した場合、クローバックが引き起こされることがあり、プラットフォームの支払い能力を維持するためにネットポジションの口座から資金が取られます。

FTX では、緊急対策流動性プールの実装によってこの問題に取り組みました。 プラットフォームの清算エンジンのこの革新的なコンポーネントにより、マーケットが大きく変動する際にマイナスのポジションが緩和され、マーケットに流動性が注入され、清算の拡大が防止され、結果としてプラットフォームの支払い能力が維持されます。

マーケットのシミュレーションにおいて、FTX の清算エンジンによってクローバックが防止され、大きな乱高下期間の後でよく純益が計上されることがわかりました。 利益の社会化のプログラムでは、緊急対策基金の純増全体の 10% を使用して FTT を購入してバーンし、FTX コミュニティで収益を共有する新しい方法を生み出します。

FTT のバーンを行う頻度は?2022-05-31T19:04:00+09:00

FTX トークンは、毎週月曜日の 22:00 (UTC +8) に買い戻され、バーンされます。 購入は FTX の FTT/米ドルマーケットで実行され、バーンは通常 2 時間以内に完了します。 https://ftx.com/ftt にアクセスすると、FTT の現在の流通量、バーンされた FTT の合計、FTX トークンのバーンの全体的な記録に関する最新情報をライブで確認できます。

FTT をバーンする理由は?2022-05-31T19:04:26+09:00

FTX トークンのバーンは、FTX の長期的な成功にとって欠くことのできない部分です。 収益を FTX トークンの保有者と共有することで、私たちはプラットフォームの長期的な成功に投資するユーザーのコミュニティを創り出します。

FTX トークンは FTX エコシステムに不可欠な要素であり、FTX が世界中の暗号資産トレーダーが目指す目標であり続けることを保証します。

FTX トークンの購入から利益を得る方法について詳しくは、今すぐ https://ftx.com/ftt をご覧ください。

FTX に登録して、今すぐ FTT のステーキングを始めましょう!

ftx.com/staking で開始する
Go to Top